トノちゃんの絵日記
長男ニャンのトノを中心に描く我が家の絵日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



(※今日は長文ですので、お時間のある時にどうぞ…(^^ゞ)

さて、お引越を控えたペコちゃん。

Dscf0096.jpg
兄弟で最後のツーショット

金曜日仕事から帰り、ひと通り家事を終らせ「さ~、遊ぼう!」と意気込んでみたものの、
当の本人(猫)、あまり乗り気にならない…? どしたん?
ま、まだ明日があるから、いっか~と思いテレビ鑑賞。
ん?横に誰か来たな…と思いきや、あれ?ペコちゃん!
珍しく私の横で寝んねした。いつもは簡易猫ベッドで寝て、目が覚めたらトノにくっつき寝るペコ。
でも、その日は目が覚めるまで私の横で、ぴったりとくっついて寝ていた。
撫でるとゴロゴロと喉を鳴らしていたので、結局、その日は写真撮影もお遊びも断念し、「明日はたくさん遊ぼうな~」と声を掛けて就寝。

お引越当日。
お届け時間は、Mちゃんたち二人が揃うのが夜の10時頃なので、それに合わせた。
日・月曜と連休だと聞いたので、時間が遅くなっても土曜日にお届けした方がいいだろうということになっていた。

朝、ダンナが仕事に出かけてから、適当にちゃっちゃと家事を済ませ、「さあ、ペコちゃん、遊ぶで~!」と手を差出した…
いつもならここでペコはすっ飛んできて、私の指をがじがじする。なのに、今日に限って私の手に「スリスリ」…
「いっぱい噛んでいいねんで?」「スリスリ、ゴロゴロ」ん~、調子が狂う…
仕方なく、おもちゃを出してきたら、目を輝かせハッスルした。(ホッ)
途中、お昼寝したり、ピコと追いかけっこ・取っ組み合いをしながら、夜になった。
Dscf0119.jpg
兄弟で最後の取っ組み合い←相変わらず激しかった(笑)

ダンナも帰宅し、ご飯も食べて少しゆっくりして、そろそろ時間になったところで、ペコを抱き上げ、鼻チュッチュでみんなとご挨拶してキャリーへ…ふと視線を感じ振り返ると、ヒメがじっと見ていたが、あまり気にも止めずに、出発。

車の中でペコちゃん大鳴きしていたが、約30分で到着。
Mちゃんたちは、とても心待ちにしていてくれて、大歓迎。部屋に入ってキャリーの蓋を開ける…さすがにすぐには出てこないので、その間にお部屋チェック(^^ゞ(落ちたら)危なそうなものを片づけることと、脱走防止の話や去勢の時期の話をしていたら、ペコは首を伸ばして鼻をクンクン。
目の前におもちゃを出してみると、一歩踏み出した!…と思ったらすぐに引っ込んだ(>_<)
Mちゃんたちもハラハラしながら、自分から出てくるのを待っていてくれたら、しばらくしてキャリーから出てきて、探索を始めた(ホッ)
その姿(とても腰が引けていたが…)を確認し、あまり長くいると、また連れて帰ってしまいそうだし、私達はおいとますることに(^^ゞ

Dscf0043.jpg
我が家で迎える最後の朝

以前、チョコをU君宅にお届けした時、ダンナの仕事の都合で私一人で行った。帰り道、車を運転しながら目がウルウル…(>_<)
今回は二人だったので、少し気が紛れ、帰宅するまでは何とか持ちこたえた。

日曜日お昼前、Mちゃんからメール。
ペコの新しい名前は「ひじき」に決定、今朝方おしっこも出て、夜中にはMちゃんたちに「にゃ~」と鳴きながら擦り寄って行き、ゴロゴロと喉も鳴らすようになったと報告してくれた。
添付されていた写真は、すでにMちゃんちの子(笑)これでひと安心(^-^)←携帯メールでの写真で、PCに転送できず、残念(T_T)
Mちゃん、ペコ改めひじきちゃんをよろしくお願いしますm(__)m

結局ペコは4ヶ月弱我が家に居た。保護当初から里子に出すつもりでいたので、できるだけ情が移りすぎないように…とは思っていたが、それは無理だった。←当たり前
先に里子に出たチョコもペコもとても愛しい。
でも、新しい家族と一緒に、今まで以上に幸せになれると信じている。
そして、私達に幸せを運んでくれたように、それぞれのパパとママを幸せにしてあげてね。

Dscf0033.jpg
「ボク幸せになるからね!」

さて、ペコを里子に出し終えたその後…
土曜日にお届けが無事済み、帰ってきた私達を待ち構え、ピコとヒメが「おかえり~、遊ぼ~」と大合唱。
で、相手をしていると、ヒメが突然ウロウロ、キョロキョロ…いつもペコがいた所を覗いてまわる。
そういえば、ヒメはキャリーに入るペコを見ていた…探してるの?ヒメちゃん。その姿を見てウルウルしかけた…

気を取り直してトイレ掃除していると、なぜか割り箸が1本落ちていた。
お箸を持って行って遊ぶのはペコだけ。危ないからいつも注意していたのに…思いがけない置き土産に、涙がポロリ(・_。)

そして土曜日の夜から今朝にかけて、ピコは私の後追いがひどくなった。それとおもちゃで遊んでいると、一瞬止まり周りを見回す。遊び疲れてコロンと横になった時「ウルル~」と小さな声でキョロキョロしながら鳴く…ペコを探しているんだろうか…そんなピコを見て、兄妹を離してしまったことに少し後悔してしまった…(T_T)
「チョコもペコもきっと幸せになれるからね。今は寂しいやろうけど、パパとママで幸せにしてあげるからね!トノとヒメもいるからね!」とピコに話し掛けると同時に、自分にも言い聞かせた。

トノはというと…
何事もなかったかのように、出窓でくつろいでいる(笑)
NEC_0004.jpg
「何か?」

みんなの反応を見て、まだ何とも言えない複雑な心境の、ヘタレなママなのであった…(^^ゞ

おまけ…
パパの反応は…
「もう里子に出したから、ウチの子と違う」と強がりを言っていたが、Mちゃんからのメールを読んでホッとした顔と、写真を見て一瞬ニヤケた顔を、私は見逃さなかった(笑)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
無事に新しいお家になじめているようで、安心しました。
旦那様、優しくってちょっぴり意地っ張り・・。
娘を嫁に出す父親みたいな。。(ひじきちゃんは男の子だけど ^^)
でも、ウルウルしてしまうくらい、よくわかります。
気の利いた言葉を言えないのですが。
ひじきくん、おめでとう! 
新しいママに、うんと甘えてママも幸せにしてあげてね!

2005/09/20(火) 22:59:17 | URL | uutaro #-[ 編集]
>uutaroさん
お祝いのお言葉、ありがとうございますm(__)m

ウチのダンナは天邪鬼なので、絶対に寂しいとは口に出しませんが、今まで以上にお猫様たちに甘くなりました(笑)←寂しいのバレバレ(爆)

ひじきは、もうすっかり馴染んで、おもちゃで遊びまわり飛び跳ねているようで安心しています。
写真をお見せできないのが残念ですが、またMちゃんから近況報告があったら、エントリーしますね!

もしも、また我が家に天使が舞い込んだら、私は今度こそトノにしばかれそう…(>_<)
2005/09/21(水) 08:54:14 | URL | トノママ #951Cq/vo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tonochan.blog23.fc2.com/tb.php/7-61be8dfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

Pearl Box
Template designed by haruko-mai
Copyright (c) 2006 haruko-mai All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。