トノちゃんの絵日記
長男ニャンのトノを中心に描く我が家の絵日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



○トノとの出会い
トノで~す。眠いで~す…zzzz

まだダンナと付き合っていた頃のこと。ダンナの実家で仔猫が生まれた(室内飼いしていたのに、ドアを開けた時に脱走し、身ごもって帰ってきたらしい(^^ゞ)。
当時一人暮らしをしていたダンナは、「帰ってきた時に寂しいから猫飼う!」といきなり言い出し、実家にもらいに行った。
4匹生まれ、1匹は亡くなり2匹は他にもらわれ、トノがダンナの元にやってきた(離乳するまで母親の元で育ててもらった)。そこで私は初めてのご対面。
「かわいすぎっっ!」その瞬間に、トノは私を虜にしてしまった(笑)
それからほぼ毎日、ダンナに会いに行くというよりは、トノに会いに家に行っていたことは、ダンナには内緒(^-^)

↓当時はデジカメはなく、写真をスキャンして友人に加工してもらったもの。キツンブルーのトノ。
chibiTONO.jpg


○ヒメとの出会い
hime.jpg

結婚して数年が経ち、共働きのため昼間はずっとトノ1匹だけでお留守番。「遊び相手がいた方がいいよなぁ」とダンナと話し合い、里親募集の記事を見るようになる。かわいい子がいっぱいいるが、「この子!」という子と巡り合えなかった(ような気がする)。「里親」としての自信も自分達になかったようにも思う。
そんなある日、ダンナの姉の友人から写真付メールが来た。「仔猫いりませんか?」と。
写真を見た瞬間に二人ともノックアウト(笑) その週末には、ヒメは我が家にいた(大笑) 生後約1ヶ月半くらいだった。
その友人宅には、猫2匹と犬5匹くらいがいる。ゴミ捨て場にいたヒメを保護し連れて帰ると、ヒメは犬に威嚇したらしい。親とはぐれ犬に追いかけられたのかも…ということで、飼えないので飼ってほしいとのことだった。
メールが来た次の日には、ケージやトイレ、仔猫用のご飯などを買いに行ったのは、言うまでもない…``r(^^;)ポリポリ
当時は風邪をひいていたので、しばらくはいつも鼻水を飛ばしていた…(泣)

↓我が家に来て3日目(少しだけケージから開放した時)。このつぶらな瞳にヤラレました(>_<)
hime1.jpg


○保護ニャンたちとの出会い
・仮名:ピコ
piko.jpg

・仮名:ペコ(左上の黒チビ。手前はピコ)
peko.jpg

・チョコ(6月末に里子に出ました)
choko.jpg

ヒメが来て約1年。やっとトノとの折り合いがついてきた頃。朝仕事に出たダンナから電話が。
ダ「会社に仔猫が3匹いてるんやけど、どうしよ…」
私「ん~、トノがこれ以上は無理ちゃうかなぁ…」
ダ「そうやなぁ…」

この時、仔猫の状態も何も聞かずに電話を切った。単に「ウチで飼えないか?」という相談だと思ったのだ。私が「トノが…」と言ったのは、ヒメとなかなか仲良くなれず、つい最近まで威嚇していたから。これ以上トノにストレスを与えるのは可哀想だと思った。
2匹ともお互いに微妙な距離になり、やっとお互いのグルーミングができるようになり、少しの時間だが一緒に寝れるようになった矢先だったのだ。ダンナもそれはわかっていたので、その場は一旦電話を切ったようだった。

10分後、またダンナから電話。
ダ「飼われへんから保健所に連れて行くって言ってんねん。何とかならんか?」
私「えっ!そんなんアカンやん!」
ダ「連れて帰ってええやろ?何とかなるやろ?」
私「わかった。何とかしよ!里親さん探そ!」

まさか保健所に連れて行かれるなんて!(怒) ダンナも私もそんな話を聞いて黙ってはいられなかった。帰宅後、動物病院でダンナと待ち合わせし、3匹を連れてきてもらい、ひと通りの検診後、我が家へ…。生後3週間との診断だった。
会社で保護された経緯は詳しくは聞かなかった。でも、ノミも耳ダニもいない、風邪もひいていないという状況から、人間に捨てられたのではないかと思う。それ以上に捨てられたと思う最大の理由は「人間の手を全く恐がらない」こと。野良のお母さんに育てられたのではないと思う。
理由はどうあれ、我が家に来てくれた3匹の天使達。ママとパパでがんばって、素敵な家族を探してあげるからね(^-^)/

↓保護後、約1週間。掃除したトイレをベットと勘違いして寝てました(^^ゞ
20050913142919.jpg

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tonochan.blog23.fc2.com/tb.php/3-f2572fb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

Pearl Box
Template designed by haruko-mai
Copyright (c) 2006 haruko-mai All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。