トノちゃんの絵日記
長男ニャンのトノを中心に描く我が家の絵日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



昨日の夜、「阪神優勝したな~」とダンナとダラダラしながらテレビを見ながら写真撮影。
↑二人とも別に阪神ファンではありませんが、大阪人はお祭好きってことで…(笑)

おっ? ひょっとして、初めて3匹で一緒のフレームに納まったんちゃう?
3hiki.jpg
無理やり納めたとも言う…(^^ゞ

ん?でも、よく見ると…

トノ:戦闘体勢。ヒメを狙う…
ヒメ:殺気を感じ、逃げる体勢に入る…
ピコ:周りの空気を読めず、トノの耳で遊ぼうと試みる…
テーブルの上:とても散らかっているので、気持ちモザイク…(汗)

この2秒後…トノはヒメに襲い掛かろうとしたものの、ヒメは一瞬早く逃れ、
開放しているケージの中へ逃げ込む…
ピコは、何があったかわからず、ママの手にあるカメラに襲い掛かる…←やめれ!


さてさて、トノちゃん、何で戦闘モードにスイッチオンしてたの??

続きを読む
スポンサーサイト



そういえば、1ヶ月くらい前、ダンナがニコニコしながら、
「ええやろ~」と私に差出した携帯(FOMA)の画面。↓これです。
NEC_0009.jpg
最近の携帯って、色々遊べますね~(驚)

で、「欲しい!ちょ~だい!その画像!」ってお願いしたら、「いや~」って言われた…(T_T)
だもんで、立ち飲み屋で飲んでるダンナから携帯を奪い、赤外線で私の携帯へ勝手に移しちゃいました(^^ゞ

写真はピコとひじきちゃん。ま、まさか、あなたたち、兄弟で…?(@_@;)

今ここに真実が明らかに…!?

続きを読む



hime4.jpg

ヒメちゃんです。グラビアアイドル目指してます。うふふ♪

ヒメちゃんな、小さい時大きなワンに追いかけられて、お母さんとはぐれてん。恐かったわ~。
一人になって寂しくって、いっぱい鳴いて、お腹すいたから、おいしそうな匂いのするところに行ったら、人間のお姉さんが見つけてくれてヒメちゃんのこと優しく抱っこしてお家に連れて行ってくれてん。
でもな、そこのお家、ワンがおってん!ひめちゃんビックリして「シャ~~!」って言ってしもてん…だって、恐かったんやもん…(・_。)
お姉さんが悲しそうな顔したから「しまった!」って思ってんけど、ワンは恐いねん。

それから少ししたらな、またどっかに連れて行かれてんけど、今度はそのお家ヒメちゃんと同じニャンのお兄ちゃんがおってん。わ~い!
ヒメちゃんが風邪ひいてたから、すぐには遊ばしてもらわれへんかったけど、ヒメちゃんワクワクしててんで。

それやのに…初めてお兄ちゃんに会ったとき嬉しくって、「遊ぼ~!」って飛びついたら怒られてん(T_T)お兄ちゃんは他のニャンのこと知らんかったみたい。
ちょっと反省して、ちょっとずつ近づいたけど、やっぱりアカンかったわ。第一印象って大切なんやなぁ…
しゃーないから、「ママ」って人と遊ぶようになってん。それはそれで楽しいねんけどなぁ…

hime15.jpg
ヒメちゃん、お兄ちゃんと遊びたいなぁ…

でもな、ヒメちゃんだんだんわかってきてん。お兄ちゃんは小さい子が嫌いなんやって。だってな、ヒメちゃんが少し大きくなってきたら、お兄ちゃん少しだけ追いかけっこしてくれるようになったから。
でもな、調子に乗ったら、また怒るねん…あ~あ、心の狭い男やわぁ。

ここだけの話やけどな、お兄ちゃんって、何かあったらすぐに「パパ~」って甘えに行くねん。情けないやろ~?
ヒメちゃんみたいに、一人でもこうやって遊べな、世間の荒波くぐられへんっちゅうねん。

hime2.jpg
悔しかったらここまでおいで~

ヒメちゃんが睨んだとおり、ヒメちゃんが大きくなったら、やっぱりお兄ちゃんはヒメちゃんを認めてくれてん。一緒に寝てもすぐに逃げへんようになったし、ペロペロもお返ししてくれるようになったし。あ~、よかった。
どうせ一緒に暮らすんやったら、仲良くしてた方が得やもんな。ヒメちゃんって大人やろ?

そうそう、この前ママがチビっこいの3匹も連れて帰ってきてんやんかぁ。
ヒメちゃんはかわいいって思ってんけど、お兄ちゃんは案の定恐かったみたい。ホンマにアカンタレのお兄ちゃんで困るわ。

ヒメちゃんはチビっこいのん好きやから、いっぱい遊んであげてんで。偉い?(※自分が一番楽しんでいたのでは?)

hime5.jpg
こんな風に

気が付いたら今は甘えん坊のピコしか残ってないねんけど、ママが「二人とも幸せに暮らしてるで」って言うから、安心やわ。
ピコは甘えたやから、ヒメちゃんのお手手にチュパチュパしにくるねんけど、まだ小さいから許してあげてるねん。大人になったら、そんなんしたらアカンねんで?

でもな、最近ちょっとヒメちゃん気にくわんことあんねん…


続きを読む



連休の初日の23日(金)、チョコの里親様のU君夫婦の結婚式に行ってきました。
実はU君たちは、1年前の9月23日に入籍をしていましたが、式はまだ挙げていませんでした。
ちゃんとお金を貯めて、式を挙げる…偉い!V(^0^)←親には頼らないってことです

以前バンドを組んでいた彼らしい披露宴で、会社では見られない姿に大笑いしました。
とても素敵な式に披露宴に、笑って涙し、感動して涙でした。
あぁ、6年前の自分の時を思い出した…懐かしいなぁ…(^^ゞ
奥さん、挙式のためにダイエットしたそうです。9月に入ってからも4キロも落ちたとか…
そういえば、私も結婚式の前ダイエットしたような…今は目標がなくて無理ですが(>_<)

ちなみにこのU君のバンド、CDデビューもしていてTVにも出ていて、ファンも結構いたとか…
解散の理由は色々あるようですが、こういう時に仲間が集まってくれるっていうのは、とても素敵なことですね。

kekkonn1.jpg
馬子にも衣装…いやいや、素敵な二人です(^-^)

kekkonn2.jpg
鳩の形とハートの形の風船が大空に舞い上がりました(=∩_∩=)
※環境に優しい素材でできていて、雨に溶け土に還るそうです

続きを読む



tono7.jpg

トノです。

物心ついた時から、とうちゃんと男二人で気ままに暮らしてたのに、
何か知らん間に家政婦のおばちゃん雇ったみたいやねん(※ママのことです)
まあ、ご飯くれるし、トイレ掃除してくれるし、噛んでも文句言わへんし、
しゃあないなぁって思っててん。

でもな、前に突然「妹やで」ってチビを連れてきた時には、家政婦をクビにしたろうと思って、
おもいっきし威嚇したってんけど、このおばちゃん「はいはい」って言うだけで出ていけへんねん。
しかも、チビも俺の「シャ~」を恐がれへんし…なんやっちゅうねん!

しゃあないから、チビは適当に無視して、おばちゃんには「おいしいメシ作れっ!」って命令しててん。これぐらいの憂さ晴らしはええやろ?
チビがだんだん大きくなってきて、俺のことペロペロするから、お礼にペロペロしたったら、
何でか知らんけど、おとうちゃんもおばちゃんも喜んでたわ。気持ち悪いな~。

20050913142928.jpg
↑恥ずかしいから、写真は小さくしたで

そうそう、このチビは「ヒメ」っていう名前らしいわ。
でも、女っていうのは騒々しいもんやなぁ…
俺はゆっくり寝ときたいのに、ヒメはいっつもしゃべってるねんで。ホンマうるさいで。

でな、俺がヒメが家にいること許したったら、調子に乗って、おばちゃんまたチビ連れてきてん!
(※正確にはパパが連れてきました)
しかも3匹! ありえへんって! 恐いって!

こいつら、な~んかチョロチョロしとって何回も怒ったけど、言うこと聞きよれへんねん。
おばちゃんは「みんな新しいお家に行くからな」って言ってたけど、何か1匹残ってるで?
話がちゃうんちゃうか?まあ、ちょっと俺に似てるから許しとくわ。
兄弟がおらんくなってピーピー泣いてるし、俺は男やしちょっとだけ優しくしとくわ。
tono5.jpg
でも、あんましうるさかったら怒るで?

こうやって振り返ったら、俺の人生って波乱万丈ちゃう?
ストレスで↓こんなに痩せてしもたやん。
tono8.jpg
(※いやいやトノさん、充分大きいですから。6Kgもありますから(>_<))
※決してトノは、チビたちの出現によって体重が減ってはおりません。増えたくらいです…
 チビたちのご飯も食べるんやもん…(>_<)byママ

でもま、このとうちゃんの腕があったら、どんな荒波かて乗り越えたるで!
ど~んとかかってこんかいっ!
tono3.jpg
あ~しあわせや~






(※今日は長文ですので、お時間のある時にどうぞ…(^^ゞ)

さて、お引越を控えたペコちゃん。

Dscf0096.jpg
兄弟で最後のツーショット

金曜日仕事から帰り、ひと通り家事を終らせ「さ~、遊ぼう!」と意気込んでみたものの、
当の本人(猫)、あまり乗り気にならない…? どしたん?
ま、まだ明日があるから、いっか~と思いテレビ鑑賞。
ん?横に誰か来たな…と思いきや、あれ?ペコちゃん!
珍しく私の横で寝んねした。いつもは簡易猫ベッドで寝て、目が覚めたらトノにくっつき寝るペコ。
でも、その日は目が覚めるまで私の横で、ぴったりとくっついて寝ていた。
撫でるとゴロゴロと喉を鳴らしていたので、結局、その日は写真撮影もお遊びも断念し、「明日はたくさん遊ぼうな~」と声を掛けて就寝。

お引越当日。
お届け時間は、Mちゃんたち二人が揃うのが夜の10時頃なので、それに合わせた。
日・月曜と連休だと聞いたので、時間が遅くなっても土曜日にお届けした方がいいだろうということになっていた。

朝、ダンナが仕事に出かけてから、適当にちゃっちゃと家事を済ませ、「さあ、ペコちゃん、遊ぶで~!」と手を差出した…
いつもならここでペコはすっ飛んできて、私の指をがじがじする。なのに、今日に限って私の手に「スリスリ」…
「いっぱい噛んでいいねんで?」「スリスリ、ゴロゴロ」ん~、調子が狂う…
仕方なく、おもちゃを出してきたら、目を輝かせハッスルした。(ホッ)
途中、お昼寝したり、ピコと追いかけっこ・取っ組み合いをしながら、夜になった。
Dscf0119.jpg
兄弟で最後の取っ組み合い←相変わらず激しかった(笑)

ダンナも帰宅し、ご飯も食べて少しゆっくりして、そろそろ時間になったところで、ペコを抱き上げ、鼻チュッチュでみんなとご挨拶してキャリーへ…ふと視線を感じ振り返ると、ヒメがじっと見ていたが、あまり気にも止めずに、出発。

車の中でペコちゃん大鳴きしていたが、約30分で到着。
Mちゃんたちは、とても心待ちにしていてくれて、大歓迎。部屋に入ってキャリーの蓋を開ける…さすがにすぐには出てこないので、その間にお部屋チェック(^^ゞ(落ちたら)危なそうなものを片づけることと、脱走防止の話や去勢の時期の話をしていたら、ペコは首を伸ばして鼻をクンクン。
目の前におもちゃを出してみると、一歩踏み出した!…と思ったらすぐに引っ込んだ(>_<)
Mちゃんたちもハラハラしながら、自分から出てくるのを待っていてくれたら、しばらくしてキャリーから出てきて、探索を始めた(ホッ)
その姿(とても腰が引けていたが…)を確認し、あまり長くいると、また連れて帰ってしまいそうだし、私達はおいとますることに(^^ゞ

Dscf0043.jpg
我が家で迎える最後の朝

以前、チョコをU君宅にお届けした時、ダンナの仕事の都合で私一人で行った。帰り道、車を運転しながら目がウルウル…(>_<)
今回は二人だったので、少し気が紛れ、帰宅するまでは何とか持ちこたえた。

日曜日お昼前、Mちゃんからメール。
ペコの新しい名前は「ひじき」に決定、今朝方おしっこも出て、夜中にはMちゃんたちに「にゃ~」と鳴きながら擦り寄って行き、ゴロゴロと喉も鳴らすようになったと報告してくれた。
添付されていた写真は、すでにMちゃんちの子(笑)これでひと安心(^-^)←携帯メールでの写真で、PCに転送できず、残念(T_T)
Mちゃん、ペコ改めひじきちゃんをよろしくお願いしますm(__)m

結局ペコは4ヶ月弱我が家に居た。保護当初から里子に出すつもりでいたので、できるだけ情が移りすぎないように…とは思っていたが、それは無理だった。←当たり前
先に里子に出たチョコもペコもとても愛しい。
でも、新しい家族と一緒に、今まで以上に幸せになれると信じている。
そして、私達に幸せを運んでくれたように、それぞれのパパとママを幸せにしてあげてね。

Dscf0033.jpg
「ボク幸せになるからね!」

さて、ペコを里子に出し終えたその後…
続きを読む



さて、明日はペコのお引越。決定から早かったな~(^^ゞ
休日はブログの更新ができないので、詳細は休み明けにご報告することになります。

今晩と明日のお届けまでに、たくさん遊んで、たくさん写真撮って、たくさん噛まれとこう(笑)

Mちゃん、明日ペコと一緒に伺います。よろしくお願いしますね~(^-^)/

DSCF0011.jpg
ペコ「だから、噛むのに忙しいねんってば=3」←コレコレ(^^ゞ
ピコ「だから、や~め~て~ってば~(>_<)」



指先=嗅ぐもの…
皆さん正しく嗅いでますか~?

くんか、くんかと嗅ぐ←正統派・はい、正解です
あっ、チビがどっかに激突したから、写真ちょっとズレたやん(>_<)
DSCF0017.jpg
「あんましエエにおいとちゃうやん」

ふがふがふがふが…としつこく嗅ぐ←盛大にノドも鳴らしながら…まぁ正統派・こちらも正解です
しかし、ピントが…(泣)
DSCF0003.jpg
「ママの指くっさ~」

フンフンと嗅ぐ←遊んでいる最中でも嗅いでしまう・チビッ子ながらに正解
ピコちゃん、顔恐いです(^^ゞ
DSCF0001.jpg
「ん?新しいおもちゃ?なんや、ママの指やん」

がぶがぶと、か・・・・む?←な、なに?噛むのか?不正解!!
猫なら、まず嗅いでください(泣)
DSCF0016.jpg
「おっ!噛むもん発見!」


続きを読む



先週の日曜日、あるカップルに我が家にお越しいただいた。
そう、保護ニャンのお見合いのためである。
とてもやさしそうな人たち。そして、チョコの里親様である、私の会社の後輩U君のお友達。
実はこのMちゃん、U君宅の先住猫キムチの保護主であった。
当時は自分では猫を飼えないからと断念し、U君に託した。でも、やはり猫との生活を夢見ていた時に、我が家の保護ニャンの話を聞き、ぜひにと言うお言葉だった。
彼女の中で色々心の準備、または生活のための準備に時間がかかり、やっとこさのお見合いとなったわけである。

さて、お見合い当日の話…
U君夫婦とMちゃんカップルの計4人が来たので、ペコはビックリして威嚇してしまった(>_<)でも、それにもニコニコのMちゃんカップル。とってもやさしそう。
威嚇したものの、やはりチビッ子である。おもちゃに釣られて遊び出し、もうMちゃんたちはメロメロ。
Mちゃんが不安に思うこと、私達がお願いしたいこと(脱走防止など)色々話をし、小1時間ほど滞在したのち、一緒に食事をし、お別れ。
その後、ダンナと話し合い、里子に出す決心をした。

決まれば話は早いもので、今週の土曜日にお引越予定。きっとMちゃんは心待ちにしていてくれることだろうと思う。
Mちゃん、本当にありがとう!ペコのことをよろしくお願いしますm(__)m

で、写真を貼り付けようと思ったら…家に忘れてきた(T_T)
写真は明日にでもアップすることにして、今日はご報告だけ。

そうそう、忘れるところだった。
残るピコは、ダンナの希望もあり、我が家の3匹目になった(^-^)/
もちろん、私の希望もかなり大きい(笑)

続きを読む



○トノとの出会い
トノで~す。眠いで~す…zzzz

まだダンナと付き合っていた頃のこと。ダンナの実家で仔猫が生まれた(室内飼いしていたのに、ドアを開けた時に脱走し、身ごもって帰ってきたらしい(^^ゞ)。
当時一人暮らしをしていたダンナは、「帰ってきた時に寂しいから猫飼う!」といきなり言い出し、実家にもらいに行った。
4匹生まれ、1匹は亡くなり2匹は他にもらわれ、トノがダンナの元にやってきた(離乳するまで母親の元で育ててもらった)。そこで私は初めてのご対面。
「かわいすぎっっ!」その瞬間に、トノは私を虜にしてしまった(笑)
それからほぼ毎日、ダンナに会いに行くというよりは、トノに会いに家に行っていたことは、ダンナには内緒(^-^)

↓当時はデジカメはなく、写真をスキャンして友人に加工してもらったもの。キツンブルーのトノ。
chibiTONO.jpg


○ヒメとの出会い
hime.jpg

結婚して数年が経ち、共働きのため昼間はずっとトノ1匹だけでお留守番。「遊び相手がいた方がいいよなぁ」とダンナと話し合い、里親募集の記事を見るようになる。かわいい子がいっぱいいるが、「この子!」という子と巡り合えなかった(ような気がする)。「里親」としての自信も自分達になかったようにも思う。
そんなある日、ダンナの姉の友人から写真付メールが来た。「仔猫いりませんか?」と。
写真を見た瞬間に二人ともノックアウト(笑) その週末には、ヒメは我が家にいた(大笑) 生後約1ヶ月半くらいだった。
その友人宅には、猫2匹と犬5匹くらいがいる。ゴミ捨て場にいたヒメを保護し連れて帰ると、ヒメは犬に威嚇したらしい。親とはぐれ犬に追いかけられたのかも…ということで、飼えないので飼ってほしいとのことだった。
メールが来た次の日には、ケージやトイレ、仔猫用のご飯などを買いに行ったのは、言うまでもない…``r(^^;)ポリポリ
当時は風邪をひいていたので、しばらくはいつも鼻水を飛ばしていた…(泣)

↓我が家に来て3日目(少しだけケージから開放した時)。このつぶらな瞳にヤラレました(>_<)
hime1.jpg


○保護ニャンたちとの出会い
・仮名:ピコ
piko.jpg

・仮名:ペコ(左上の黒チビ。手前はピコ)
peko.jpg

・チョコ(6月末に里子に出ました)
choko.jpg

ヒメが来て約1年。やっとトノとの折り合いがついてきた頃。朝仕事に出たダンナから電話が。
ダ「会社に仔猫が3匹いてるんやけど、どうしよ…」
私「ん~、トノがこれ以上は無理ちゃうかなぁ…」
ダ「そうやなぁ…」

この時、仔猫の状態も何も聞かずに電話を切った。単に「ウチで飼えないか?」という相談だと思ったのだ。私が「トノが…」と言ったのは、ヒメとなかなか仲良くなれず、つい最近まで威嚇していたから。これ以上トノにストレスを与えるのは可哀想だと思った。
2匹ともお互いに微妙な距離になり、やっとお互いのグルーミングができるようになり、少しの時間だが一緒に寝れるようになった矢先だったのだ。ダンナもそれはわかっていたので、その場は一旦電話を切ったようだった。

10分後、またダンナから電話。
ダ「飼われへんから保健所に連れて行くって言ってんねん。何とかならんか?」
私「えっ!そんなんアカンやん!」
ダ「連れて帰ってええやろ?何とかなるやろ?」
私「わかった。何とかしよ!里親さん探そ!」

まさか保健所に連れて行かれるなんて!(怒) ダンナも私もそんな話を聞いて黙ってはいられなかった。帰宅後、動物病院でダンナと待ち合わせし、3匹を連れてきてもらい、ひと通りの検診後、我が家へ…。生後3週間との診断だった。
会社で保護された経緯は詳しくは聞かなかった。でも、ノミも耳ダニもいない、風邪もひいていないという状況から、人間に捨てられたのではないかと思う。それ以上に捨てられたと思う最大の理由は「人間の手を全く恐がらない」こと。野良のお母さんに育てられたのではないと思う。
理由はどうあれ、我が家に来てくれた3匹の天使達。ママとパパでがんばって、素敵な家族を探してあげるからね(^-^)/

↓保護後、約1週間。掃除したトイレをベットと勘違いして寝てました(^^ゞ
20050913142919.jpg




現在、私達夫婦と同居中のニャンたちをご紹介~(^-^)/
2005年9月現在で、4匹と同居中です。

長男:トノ
20050906100843.jpg

1996年5月2日生まれ・9才・♂(去勢済)・6Kg
・好き:パパ(パパ以外は好きじゃない)
・嫌い:よその人、インターホンの音
・性格:とってもビビリのくせに、好奇心旺盛
    甘えん坊(ただしパパに対してのみ)
    もともと温和なはずが、チビたちを迎えてから、少し凶暴になったような…
    ママのことを家政婦と思っているフシがある

長女:ヒメ
20050906101225.jpg

2004年5月3日生まれ(推定)・1才・♀(避妊済)・3.5Kg
・好き:ママ(ママ以外はどうでもいい)
・嫌い:ママ以外の抱っこ、インターホンの音
・性格:まだまだお子ちゃまなので、遊びたい盛り
    末っ子気質だったのが、保護ニャンを入れてから良いお姉ちゃんになった
    とってもおしゃべり(何もないところに向って甘えるように鳴くのはやめてね…)

保護ニャン①:ペコ(仮名)←9月17日里子に出ました。「ひじき」と改名
20050906101832.jpg

2005年5月4日生まれ(推定)・4ヶ月・♂(未去勢)・1.8Kg
・好き:ご飯、遊ぶこと
・嫌い:抱っこ、掃除機
・性格:黒猫だけあって、とっても臆病
    多分長男だと思うのだが、他の子が先に行かない限り安心して進めないタイプ
    兄弟の中で一番大きいのに、一番どんくさい
    超噛み猫。現在ママの指を噛むことに生きがいを感じている様子←やめれ!

保護ニャン②:ピコ(仮名)←9月17日、正式に我が家の3匹目になりました
20050906102256.jpg

2005年5月4日生まれ(推定)・4ヶ月・♀(未避妊)・1.6Kg
・好き:遊ぶこと、ヒメ姉ちゃんの手をしゃぶること
・嫌い:抱っこ、掃除機
・性格:好奇心旺盛
    とにかく何にでも挑戦するが、危ないことが多いので、ママに阻止される
    運動神経抜群
    母親が恋しいらしく、眠くなるとトノかヒメにくっつき手をしゃぶる

保護ニャン③:チョコ(現在は里親様宅で幸せに暮らしています)
20050906103148.jpg

2005年5月4日生まれ(推定)・4ヶ月・♂(未虚勢)・1.8Kg(写真は6月のもの)
里子に出るまでは3兄弟の中で一番おっとりしていると思っていた。ところがどっこい、現在は先住ニャン(4才)と一緒にドタバタ走り回り、パパママを寝不足にさせている様子(会社の後輩なので話はよく聞きます)(^^ゞ
しかし、本当に可愛く育ち、とても良いパパ・ママと先住ニャンに出会えて、とても愛されている様子なので、安心している

おまけ…
同居人:ダンナ(人科)・♂(未去勢)
    仕事は私のためではなく、お猫様のご飯のために働いているらしい…(T_T)


みんな私達夫婦にとっては大切な子達。もちろんのことではあるが、それぞれの子達とは、それぞれの出会いがあり、それぞれのストーリーがあり現在に至っている。
それはまた別のエントリーにて…




いつの頃からか、インターネットで猫に関する記事を渡り歩き(もちろん仕事中)、かわいい猫の写真を見ては一人でれでれ…記事を読んでは「ウチと同じやん~」と一人でれでれ…
コメント欄を見ていると、やはり殆んどの人がHPかブログを持っていらっしゃる。
でもなぁ~、筆不精(?)やしなぁ~…写真撮るのもなかなか時間ないしなぁ~…文章書くのヘタやしなぁ~…年やしなぁ~(?)…と悩むこと約半年…いや、もっと長く悩んでいたような…(^^ゞ
で、とりあえず、わからないままに始めてみました。←無謀?
なにしろ、会社でしかアクセスしないので、更新がいつできるのか不明なブログ…これでいいのか?ん~、これでいいのだ!(笑)

よろしくお願いしますm(__)m




Pearl Box
Template designed by haruko-mai
Copyright (c) 2006 haruko-mai All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。